測量士補 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州不動産専門学院

測量士補 試験合格講座

0120-09-4341
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州不動産専門学院で学ばれ見事に「測量士補」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。

1~20件表示(全69件掲載中)
やっぱり生講義が良い
匿名希望さん
測量士補(測量士補) 男 (51) 佐賀県西松浦郡有田町
匿名希望さん

 もともとLECの通信講座で勉強していましたが、どうしても通信講座だとイメージが湧かずに困っていました。そこで貴学院が生講義で講義をしているという事で、具体的なイメージを先生に教えていただけると思い受講することにしました。
 業務を実際にやっている人はそこまでないと思いますが、自分のように実務の経験のない者にとって直接生講義でイメージしづらいところを教えてもらえるという事は有り難いことです。テキストに書いてあることも読めば大体分かりますが、測量に携わることがないと実際にピンと来ずに分からないことがやっぱり出てきます。貴学院には通信と違う生講義の良さがあります。通信の最大のデメリットは全部その人任せになることです。勉強をやってもやらなくてもその人本人の問題で、誰からも何も言われません。自分次第です。しかし、生講義はお金を払っても行かなければ何もならない、講義に参加して分かることや理解が深まることがたくさんあります。他の人が質問した内容が自分は気付かなかったので、なるほどと思わされることも多々あり大変参考になりました。受講された方とも試験が終わった後に飲み会等で交流したり色々情報交換も出来ましたが、これも生講義だからこそです。このような飲み会等も合格しないと楽しくないものです。最初から合格してやると決めて、自分を追い込むように仕組むのです。それがまた勉強の励み、モチベーションになります。やっぱり生講義を受けたほうが良いです。今はマンション管理士を取ろうと思っています。時間がなかなか取れずにまだ勉強できていませんが、いずれは土地家屋調査士なども取り組みたいと思っています。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州不動産専門学院No.47992〕
九栄会かわら版 平成29年1月号・・・No.2338 
取材:平成28.7.31(茅野)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
家族で鹿児島から福岡に引っ越してきて貴学院で勉強
山崎郁弥さん
測量士補(測量士補) 男 (31) 福岡県福岡市博多区
山崎郁弥さん

 父親が1級建築士を持っていまして、自分も何れは設計士になろうと思っていました。しかし姉歯事件以来、周りの人からこれから設計士をやっていくのはなかなか大変だという話もありまして他の職業を探していました。そんな時に土地家屋調査士が自分の地元では不足していて、競争もそれほど激しくないという事で問い合わせをしたのが貴学院にお願いするきっかけでした。貴学院の測量士補、土地家屋調査士W合格コースを申し込みしましたが、今回まずは測量士補に合格できました。家族と一緒に鹿児島から福岡に引っ越してきて勉強しましたので、もう後には引けないという気持ちで勉強しました。今回まずは測量士補に合格して良かったです。
 試験は思ったよりも難しく、ちょっと舐めていた為ぎりぎりでした。貴学院での講習は才田先生が試験に出るポイントを分かり易く解説して下さってとても良かったです。難しく感じたのは少しひねった問題やひっかけの問題等があって、まんまと引っかかってしまったというところです。合格には違いありませんが、ちょっと悔しかったです。対策としては、ひたすら過去問を繰り返して50時間ぐらいは勉強しました。
 今は、一所懸命勉強して何とか土地家屋調査士に今年合格できるように取り組んでいます。その後は鹿児島に戻って地元で土地家屋調査士として頑張っていきたいと思っています。何れ余裕があれば司法書士も取りたいと思います。その時はまた貴学院にお願いしたいと思っています。

山崎郁弥さん(ヤマサキフミヤ)〔九州不動産専門学院No.332640〕
九栄会かわら版 平成29年1月号・・・No.2337 
取材:平成28.7.21(茅野)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
先生から直接教えてもらえた計算の仕方
鬼塚恵介さん
測量補(測量士補) 男 (36) 福岡県嘉麻市
鬼塚恵介さん

 現在、大学の法学部の学生です。2年位前から土地家屋調査士に興味が出てきて、試験について調べたら測量士補の資格があれば調査士の測量科目の試験が免除になると知り挑戦しました。測量は全く経験も無いし、書店で問題集を見ても計算公式が解からず、独学では無理だとわかりました。ネットで直接先生が教えている学校を捜したら貴学院を見つけ、説明を聞きに行ってすぐに入学しました。
 大学の勉強と両立させるのが大変でしたが講義の中で先生から測量の計算の仕方を教えていただいたのが良かったです。講師並びに貴学院のスタッフの皆様、お世話になりました。引き続き土地家屋調査士の指導もよろしくお願いします。

鬼塚恵介さん(オニヅカケイスケ)〔九州不動産専門学院No.210607〕
九栄会かわら版 平成27年3月号・・・No.1676 
取材:平成26.7.28(徳田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
すばらしい才田先生の集中講座
宮木勝史さん
測量補(測量士補) 男 (66) 福岡県福津市
宮木勝史さん

 昨年の測量士補を受験したときにアンケートに応えたのがきっかけで土地家屋調査士講座に申し込みをしました。生講義でされているのが貴学院しかないということもありましたが、カリキュラムの内容もしっかりしていたのが決め手です。勉強しているうちに、測量士補の受験願書の時期がきましたので、昨年は独学でダメだったのでどうしようか迷っていたら、講師の才田先生から測量士補集中講座を受けませんかと勧められて受講しました。
 才田先生は測量のプロなので内容がものすごく解かり易くポイントをしっかり押さえてあったので受講して本当に良かったと思いました。お蔭でモチベーションもあがり、合格できました。もしこの集中講座を受けていなかったら昨年の二の舞になっていたことでしょう。次は土地家屋調査士の試験が待っていますが、午前の部が免除で受験できるので少し気分が楽です。有難うございました。

宮木勝史さん(ミヤキカツシ)〔九州不動産専門学院No.357957〕
九栄会かわら版 平成27年3月号・・・No.1675 
取材:平成26.7.15(徳田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
全日制合格者の声/試験の3ヶ月前から本格的に勉強
桑原隆士さん
測量補(測量士補) 男 (23) 福岡県飯塚市
桑原隆士さん

 まず貴校に入学した理由は、私の本来の性格上、大学を中退し、そのためにそれに代わる評価が必要であったという事です。
 学校の授業は6ヶ月程前からですが、本腰を入れ始めたのは3ヶ月前からです。はじめは、先生の話をよく聞いて頭をならし、帰りの列車の中で教科書を読んで予習復習しました。問題は授業中にやりますから、間に合わなくても、間違ってもやりましょう。本気になり始めた3ヶ月前からは過去問を繰り返しやりました。これには、「測量士補試験〔項目別〕問題と解説」と「必携測量士補試験問題と解説」を使用しました。後者は解説が丁寧で助かりました。とにかく、記憶を忘失しないことが大事です。
 試験時にはドキドキしますが、周囲の人を観察して気を紛らわしましょう。試験開始後は、時間を考えつつ頑張ることです。途中で席を立つ人がいますが、彼らは殆んど敗者でしょう。また、過去にないパターンの問題が出ることがありますが、考え方は同じですし、全然分からないものは勘でやります。
 今後は宅建を取るために頑張ります。

桑原隆士さん(クワハラタカシ)〔専門学校ライセンスカレッジNo.27402〕
九栄会かわら版 平成23年10月号・・・No.461 
取材:平成22.10.16(原田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
コマギレの時間を上手に活用できました
喜友名準一さん
測量補(測量士補) 男 (47) 福岡県福岡市東区
喜友名準一さん

 才田先生ならびに学院の職員のみなさん大変ありがとうございました。おかげさまで、私の第二の人生の第一歩を踏み出すことができました。学院からの「合格連絡」はあったものの、まだ「合格通知証書」を手にしてないので、一抹の不安は隠せません。なにしろ、自己採点で70点位ですから採点ミスが2~3問あると、たちまち不合格になってしまいかねないからです。学院からの合格連絡を信じ合格証書の届くのを一日千秋の思いで待っています。
 ところで、私が「私の第二の人生の一歩」と決めた測量士補は、もちろん土地家屋調査士の二次試験免除の特典があるからに相異ありません。したがって、測量士補は突破しなければならない第一の関門に他なりません。第二、第三の関門はこれからだと思っています。「四十の手習」で、40代のうちに第二、第三の難関をぜひとも突破したいと思っています。
 測量士補に合格することができた学習のポイントを申しますと、一言で表現いたしますと才田先生の講義テープを繰り返し聴いたことに尽きると思います。出退勤の時、そして現場視察の移動など、コマギレ的時間ですが総計すると2時間位になります。その時間を活用しました。これに尽きると思います。受講できたのは1月、2月だけで仕事の都合があって3~5月はまったく受講できませんでしたので、その期間の講義テープを取り寄せ、毎日耳学問をしました。そのおかげで合格できたのではないかと思っております。本当にありがとうございました。

喜友名準一さん(キユナジュンイチ)〔九州不動産専門学院No.89262〕
九栄会かわら版 平成23年9月号・・・No.442 
取材:平成22.10.12(徳田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
測量実習に参加してよく解かった
山中定信さん
測量補(測量士補) 男 (54) 福岡県北九州市小倉南区
山中定信さん

 私が測量士補の資格を取得しようとした動機は、土地家屋調査士の受験で二次試験が免除されること、殆んどの受験者がその方法をとっていることをガイダンスで知ったからでした。
 貴学院の存在を知ったのは新聞広告からで、短期に取得するためには学院の指導を受けることが必要だと感じたので入学しました。
 土地家屋調査士の資格を目標としているのは、法務局に勤務している関係で、表示登記をもっと詳しく知る必要を感じたことと退職後のことを考えてのことでした。
 測量士補の学習にあたっては、学院から送付されてきたテキストと問題集を主として、たまに手持ちの測量実務の本を対比してみることもありました。合格体験記に書いている勉強の方法や、ところどころにあるワンポイントアドバイスも参考にして学習しました。通信課程でしたが、測量実習には3回ともすべて参加しました。
 学習は約1年程集中してやったつもりです。受験の後は合否も半々という感じでしたが、合格の報に接して久し振りに嬉しさでいっぱいになりました。感謝申し上げます。
 土地家屋調査士の試験はもっと難しい試験だと思いますが、学院の指導のもとに頑張りたいと気持ちを新たにしております。

山中定信さん(ヤマナカサダノブ)〔九州不動産専門学院No.28582〕
九栄会かわら版 平成23年8月号・・・No.405 
取材:平成22.10.5(原田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
短期間で合格できました
怡土正孝さん
測量補(測量士補) 男 (46) 福岡県久留米市
怡土正孝さん

 宅建を取得した時に継続して何か資格取得について相談したところ、土地家屋調査士の資格と貴学院の講座を紹介され、測量士補に挑戦した次第です。
 学習の仕方は、ただ反復、継続あるのみです。一章を2、3度読み練習問題を解き、基本問題、応用問題への理解を深めます。そして重要な箇所はノートをとり、常時見れるようにして記憶から理解できるようにすれば、短期間で合格ラインに到達できたように思います。
 今後は、当初の目標である土地家屋調査士ですが、測量士補と並行して行政書士を勉強しておりますので、11月頃より勉強したいと思っております。ですからまずは秋の行政書士の試験に合格したいです。

怡土正孝さん(イドマサタカ)〔九州不動産専門学院No.2049470〕
九栄会かわら版 平成23年6月号・・・No.354 
取材:平成22.10.4(黄)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
過去問を繰り返し勉強しました
高橋清一郎さん
測量補(測量士補) 男 (55) 福岡県糟屋郡志免町
高橋清一郎さん

 この度は測量士補試験の合格通知を頂きまして、貴校先生方の御指導の賜物と深く感謝致して居ります。
 測量士補受験の動機は、昨年宅建に合格した折に友人と次は土地家屋調査士に挑戦してみようか、と話してそれには測量士補に合格した方が有利だという事で受講しました。
 受講中の講義内容から従来の出題問題等は何とかこなせるだろうと思いましたが、試験場に行ってびっくりしました。講義で聞いた事もない様な問題が出ていましたので、これは落ちたと思いました。
 全般的に出来が悪いので合格点を下げたと聞き、お陰で合格する事が出来ました。とにかくよかったとほっとしております。
 今年は間に合いませんでしたが来年は、土地家屋調査士に挑戦しようと思って居ります。その節は宜しく御願い致します。

高橋清一郎さん(タカハシセイイチロウ)〔九州不動産専門学院No.2049400〕
九栄会かわら版 平成23年6月号・・・No.353 
取材:平成22.10.4(黄)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
通信教育で合格、質問カードが良かった
北村正文さん
測量補(測量士補) 男 (32) 佐賀県佐賀市
北村正文さん

 転職の為と生涯の技術を習得したくてまず測量士補を取ろうと思いました。
 貴学院に入学した理由としては、まず佐賀市内に夜間、休日を利用した講座などあればと探しましたが、のちに案内書で知った事ですが、宅建などは貴学院のスクーリングをはじめ色々な講座が開催されているようですけど、測量士、測量士補については開設されていませんでした。
 そこで早速電話帳で貴学院を知り電話してみましたが、福岡までの通学は無理でしたので、通信教育の内容を聞き1年がかりでも取得しようと思っていましたが、「すでに講座が始まっていますよ」と聞き、2月からでも本年度試験に間に合うだろうかと不安ながらも入学致しました。
 学習はテープと所定の教材を利用し一度で理解出来なかった事については付せん紙をつけテープをくり返し聞き、それでも疑問が残ったら質問カードを送付し、回答を得て完全に理解するようにしました。そしてひと通り講義テープを終え模擬試験が終った時点で、模擬試験用の答案用紙を20枚ぐらいコピーをとり過去問に取り組み自信をつけました。
 問題集については本屋さんで準備しようとしましたが佐賀市内では1ヶ月ほどかかるという事でしたので貴学院教務課で購入していただきありがとうございました。
 先生方をはじめ、教務課の方たちに大変お世話になりました。

北村正文さん(キタムラマサフミ)〔九州不動産専門学院No.44079〕
九栄会かわら版 平成23年6月号・・・No.352 
取材:平成22.10.4(黄)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
土地家屋調査士を合格するためにまず測量士補を取る
吉塚正治さん
測量補(測量士補) 男 (27) 福岡県糸島市
吉塚正治さん

 最初は土地家屋調査士の勉強をしていましたが、その前段階として測量士補の資格の必要性を感じ、独学で勉強を開始しました。試験は6月、残された時間はあまりありません。しかも、なかなか一人での勉強はうまくいかず、その上、今まで全く経験した事のない分野だったこともあって思うようにはかどりませんでした。
 そんな時、一緒に勉強を開始した友人が九州不動産専門学院にこの講座があることを教えてくれました。一も二もなく2人で受講を申し込みました。
 慣れないこともあり、はじめはついていくのが大変でしたが、測量士補の試験問題の殆んどは、三角関数と比の問題であることに気づきました。それが分かり出すと少しづつ問題が解けるようになってきました。そして、試験前の1週間は徹底的に過去問題の研究をしました。測量士補の試験では過去問題の征服が1番のポイントであろうと思います。そして何とか合格することができました。
 次は土地家屋調査士に合格したいです。

吉塚正治さん(ヨシヅカマサハル)〔九州不動産専門学院No.2053320〕
九栄会かわら版 平成23年6月号・・・No.351 
取材:平成22.10.4(黄)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
一発で受かる貴学院に決めました
宮本俊二さん
測量補(測量士補) 男 (34) 福岡県久留米市
宮本俊二さん

 私がどうして測量士補試験を受けてみようと思ったのは、昨年5月に土地家屋調査士の二次試験を受けなくてもよい事を知り、その為にいろんな所を当たり一発で受かるのがどこかを考え、貴学院のカリキュラムを見て、ここだと一年間で試験に受かると考えて決めました。
 学習のポイントは、休まず受講し、分からない所は分かるまで質問する事。それに実習に参加し、実際にトランシット、アリダードとかの装置を使ってみる事が最も良かったことだと思います。
 私はまだ今度の測量士補試験に受かったことがどうしてもピンときませんでした。それは半分ダメだろうと思っていたからです。だから、余計に合格を知ったときは喜ばしく思いました。
 今度は、第一の目標である土地家屋調査士に向って頑張っていこうと思います。

宮本俊二さん(ミヤモトシュンジ)〔九州建設専門学院No.2055640〕
九栄会かわら版 平成23年3月号・・・No.272 
取材:平成22.9.26(徳田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
継続は力なり
黒木史朗さん
測量補(測量士補) 男 (40) 宮崎県宮崎市
黒木史朗さん

 土地家屋調査士を受講している時に、測量士補を取ったら土地家屋調査士の二次試験が免除されることを知ったので測量士補を勉強しました。
 学習ポイントは指定教科書の問題は自分で一問一問解いてみるしか方法はないとして、測量一般実務に関する幅広い講義は全くの門外漢である私には、測量の雰囲気を把握する上で有効でした。
 また、実習については、宮崎から日帰りで参加しました、年末年始の私用と疲労が重なり3回のうち2回しか参加できませんでした。1月2月の寒風の中での講義は午後の部で少人数であったこともあり、全く個人指導に近いものでした。実に気合の入った熱心な講義は得るものが多く、自信にも繋がりました。
 調査士との並行した学習のため実質4月の1ヶ月間の勉強でした。過去問は10年分を2回程度解いていました。試験直前にはテープを繰り返し聞きました。
 少々歳をとっておりますが、教室に掲げている「継続は力なり」の看板を見ながら頑張ってきました。
 学院長をはじめ、とくに実習の先生には心から感謝申し上げます。

黒木史朗さん(クロキシロウ)〔九州不動産専門学院No.33045〕
九栄会かわら版 平成23年2月号・・・No.248 
取材:平成22.9.23(黄)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
定年後に新しい挑戦を決意
森下孝男さん
測量補(測量士補) 男 (56) 福岡県福岡市南区
森下孝男さん

 サラリーマン生活が一段落したところで、今までは仕事の忙しさで出来なかったことをやってみようとまずは宅建講座への申込みをしました。その当時の事務局の方とお話をしているうちに測量士補の講座があることを知り、不動産関係には役に立ちそうだし、以前より地図には興味がありましたので、挑戦してみようと決意しました。
 学習は出来るだけ実際に存在する土地や山等の測量を想定し、山登りのために買っていた5万分の1地形図を引っ張り出しては実感を味わいながら勉強しました。とりわけ今まで実物を見たことがない航空写真を見せてもらったことと県庁跡地での実習は大変役に立ちました。
 今後はこれからの人生をより意義のあるものにするためにも未知への挑戦を続けていきたいと考えております。

森下孝男さん(モリシタタカオ)〔九州不動産専門学院No.35199〕
九栄会かわら版 平成23年2月号・・・No.236 
取材:平成22.9.16(黄)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
予習重視で合格しました
山口直孝さん
測量補(測量士補) 男 (45) 福岡県飯塚市
山口直孝さん

 測量士補と宅建の二つの資格を取得した上で新しい分野に転職しようと考えていました。実は昨年は宅建に挑戦し(1問足りずに不合格)貴学院へは1年通学してよく知っていましたから、測量士補もこちらで勉強しようと思ったのです。
 本当は測量士補は独学の道も探したのですが、テキストは1000ページもあり途中で投げ出してしまいました。こちらならテキストの選択から効率の良い勉強方法を教えてくれるはずですから。
 学習のポイントは私は予習重視です。まず必ず予習をしてから学院の授業に臨みました。テキストと問題集を一通り終らせてしまうのです。授業ではわからない点だけを学んだり質問したりする位で済むように学習スタイルをもっていきました。
 今後はもちろん宅建も取得し、次は土地家屋調査士を目標にしようかと考えています。

山口直孝さん(ヤマグチナオタカ)〔九州不動産専門学院No.57151〕
九栄会かわら版 平成23年2月号・・・No.230 
取材:平成22.9.20(栗原)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
未経験者ですが合格出来ました
大内豊松さん
測量補(測量士補) 男 (65) 熊本県熊本市
大内豊松さん

 受講前は測量については全く経験もなく、参考書等を見ても全然理解できなかった私が合格出来ましたのは、講師の才田先生と貴学院のお陰だと感謝申し上げます。
 動機としては不動産業を一昨年開業しましたが、その仕事の幅を広げ、顧客の信頼と集客力を高める、いわゆる本業発展のためでございます。とは言え、試験には久しく遠ざかっていましたから当然不安もありました。
 今回の経験から合格の早道は学校に通い仲間と切磋琢磨する事だと思いました。私なりのポイントは1毎回出席すること、2短時間でも良いから予習復習で理解を確実にすること、3疑問点はその場で解決すること、4年齢的なものもあり頭ではなく体で憶えること、5試験場では最後までねばること等がよかったと思っています。
 次回は測量士にも挑戦してみようかと思います。今後ともご協力ご指導下さるようお願い申し上げます。有難うこざいました。

大内豊松さん(オオウチトヨマツ)〔九州不動産専門学院No.27755〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.206 
取材:平成22.9.7(栗原)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
大ざっぱでも何とかなる
匿名希望さん
測量補(測量士補) 男 (33) 福岡県福岡市南区
匿名希望さん

 この資格を取得しようと思った動機は土地家屋調査士を取って将来独立開業するための前段階としての位置付けでした。
 さて、そうは思っても独学ではなかなか難しそうです。そんな時に看板を見てこちらの学院に伺い、スタッフの西田さんの話を聞いて入学を決めました。通学に便利な場所だったことも大事な要素ですね。
 ただ正直な所、合格者の中で私ほど大ざっぱな勉強しかしなかった人はいないと思います。約5ヶ月間の受験準備期間でも断続的で毎日やっていたわけではありません。中断もしばしばで思い返しても「よくあれで」と思ってしまいます。
 こんな私から勉強の仕方を紹介するのはおこがましいですが、とにかく文章問題、計算問題を問わず解きながら覚えていきました。それがどうやら最も早道のようです。ただ思いおこせば勉強中はとても集中力を発揮していたと思います。足りないものがあっても埋め合わせできるものがあれば何とかなるということでしょうか。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.71759〕
九栄会かわら版 平成22年12月号・・・No.182 
取材:平成22.8.29(栗原)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
独学では合格できません
三谷嘉昭さん
測量補(測量士補) 男 (68) 福岡県福岡市早良区
三谷嘉昭さん

 今回合格通知を受けていささかびっくりしました。自分ではかなり難しく思い、3割位は解答できませんでした。学習は勤務に雑用に追われて充分に出来ませんでしたが、学院講師の真撃な授業は貴重な実習も含め非常に有益でした。これは独学ではできません。
 次は土地家屋調査士を目指すことにしましょう。

三谷嘉昭さん(ミタニヨシアキ)〔九州不動産専門学院No.63442〕
ライセンスメイト 平成16年10月号・・・No.971 
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
反復練習と過去問題の繰り返し
山川慎哉さん
測量補(測量士補) 男 (25) 福岡県福岡市東区
山川慎哉さん

 土地家屋調査士を目指し、その第一歩として測量士補を受験しました。学校は理系でしたので、三角関数などは理解できましたが、測量は経験がなく戸惑いました。土地家屋調査士の事務所で一年ぐらいアルバイトしていたのですが、実際は多角測量や水準測量、写真測量などは突っ込んだ内容まではわからず、意味を理解するのに苦労しました。
 学院には水曜日の夜、週1回通い、授業を聞き、わからないところは質問しました。あとは計算も文章問題も反復練習と過去問題の繰り返しです。実は、体調を壊していたら就職先でリストラされ、今は無職です。でも、土地家屋調査士は必ず取りたいと思っています。

山川慎哉さん(ヤマカワシンヤ)〔九州建設専門学院No.204081〕
ライセンスメイト 平成16年2月号・・・No.932 
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
真剣に勉強した経験は人生の宝
黒川浩二さん
測量補(測量士補) 男 (38) 福岡県糟屋郡粕屋町
黒川浩二さん

 産業廃棄物の埋立場で働いています。学校は機械科で、測量は分野が違っていたのですが、入社してから測量の手伝いやCADで図面を書くようになりました。
 受験は今回が2回目でした。1回目は途中参加で、時間不足でした。最低半年は必要です。2回目は学院の基礎コースから学んだのですが、参加が1ヶ月遅れました。三角関数などは大丈夫でしたが、聞いたことのない言葉や偏心角や誤差の考え方など基本的な部分を理解するのが大変でした。基礎と過去問題は徹底的にやりました。計算問題は電卓でこなし、試験の1ヶ月前から手計算に憤れるようにしました。真剣に勉強した経験は、人生の宝です。

黒川浩二さん(クロカワコウジ)〔九州建設専門学院No.198568〕
ライセンスメイト 平成16年2月号・・・No.931 
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込