測量士補 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州不動産専門学院

測量士補 試験合格講座

0120-09-4341
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州不動産専門学院で学ばれ見事に「測量士補」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。

21~40件表示(全71件掲載中)
反復練習と過去問題の繰り返し
山川慎哉さん
測量補(測量士補) 男 (25) 福岡県福岡市東区
山川慎哉さん

 土地家屋調査士を目指し、その第一歩として測量士補を受験しました。学校は理系でしたので、三角関数などは理解できましたが、測量は経験がなく戸惑いました。土地家屋調査士の事務所で一年ぐらいアルバイトしていたのですが、実際は多角測量や水準測量、写真測量などは突っ込んだ内容まではわからず、意味を理解するのに苦労しました。
 学院には水曜日の夜、週1回通い、授業を聞き、わからないところは質問しました。あとは計算も文章問題も反復練習と過去問題の繰り返しです。実は、体調を壊していたら就職先でリストラされ、今は無職です。でも、土地家屋調査士は必ず取りたいと思っています。

山川慎哉さん(ヤマカワシンヤ)〔九州建設専門学院No.204081〕
ライセンスメイト 平成16年2月号・・・No.932 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
真剣に勉強した経験は人生の宝
黒川浩二さん
測量補(測量士補) 男 (38) 福岡県糟屋郡粕屋町
黒川浩二さん

 産業廃棄物の埋立場で働いています。学校は機械科で、測量は分野が違っていたのですが、入社してから測量の手伝いやCADで図面を書くようになりました。
 受験は今回が2回目でした。1回目は途中参加で、時間不足でした。最低半年は必要です。2回目は学院の基礎コースから学んだのですが、参加が1ヶ月遅れました。三角関数などは大丈夫でしたが、聞いたことのない言葉や偏心角や誤差の考え方など基本的な部分を理解するのが大変でした。基礎と過去問題は徹底的にやりました。計算問題は電卓でこなし、試験の1ヶ月前から手計算に憤れるようにしました。真剣に勉強した経験は、人生の宝です。

黒川浩二さん(クロカワコウジ)〔九州建設専門学院No.198568〕
ライセンスメイト 平成16年2月号・・・No.931 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
学校の授業と教材だけで合格
森 龍一郎さん
測量補(測量士補) 男 (40) 福岡県大牟田市
森 龍一郎さん

 管工事の設計会社を営んでいます。現在、貴学院に通い勉強している土地家屋調査士の資格が最終目標なのですが、その前段階で測量士補に挑戦しました。
 通信教育でしたが、貴学院の授業は1年間出来る限り出席しました。測量に関してはまったくの素人で、知識がありませんでした。わからないことを本で予習しようとしても時間の無駄だと考え、もっぱら復習に徹しました。学習参考書などは買わず、貴学院の授業と教材だけで勉強しました。1日1~2時間、試験直前の4月から5月中旬までは、昼にも1時間程度勉強しました。もちろん、休日は2~3時間やりました。土地家屋調査士の方も頑張りたいですね。

森 龍一郎さん(モリリュウイチロウ)〔九州建設専門学院No.208551〕
ライセンスメイト 平成16年1月号・・・No.926 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
全日制合格者の声/目標は土地家屋調査士
西畑厚志さん
測量補(測量士補) 男 (20) 福岡県福岡市中央区
西畑厚志さん

 親が建設業に関係しており、土地家屋調査士になることを勧められました。土地家屋調査士の二次試験が免除になるということで、測量士補に挑戦しました。数学が苦手でしたので、勉強は大変でしたが、試験前には本を一所懸命に読みました。学院に入学したのは昨年春で、今は週2~3回、宅建やCADの講座を受講しています。宅建には今年チャレンジします。CADは昨年12月に2級を取り、今年1級に挑戦です。
 目標は土地家屋調査士ですが、今年は駄目だったかもしれません。来年こそ、合格してやろうと思っています。

西畑厚志さん(ニシハタアツシ)〔専門学校ライセンスカレッジNo.145860〕
ライセンスメイト 平成11年12月号・・・No.776 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
女性にも職場を開いて欲しい
中川かおるさん
測量補(測量士補) 女 (26) 福岡県福岡市中央区
中川かおるさん

 いつか開業できるような資格を取りたくて、結婚する直前に入学しました。ビデオではなく、ちゃんとした授業で勉強できることが学院を選んだ理由です。
 測量士補の勉強では数学をほとんど忘れていて、思い出すのが大変でした。三角関数を使う難問は避けて、試験に出題される確率の高い問題をマスターできるように頑張りました。授業中に直接、先生に質問できることも助かりました。ただ、測量士補の資格をとっても、女性だと求人の時の申し込みにさえ応じてもらえません。測量や土地家屋調査士の仕事は、女性でもやれると思います。もっと、女性にも職場を開いて欲しいですね。

中川かおるさん(ナカガワカオル)〔九州不動産専門学院No.164596〕
ライセンスメイト 平成11年12月号・・・No.775 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
全日制合格者の声/宅建に再チャレンジします
吉井晋一さん
測量補(測量士補) 男 (22) 福岡県北九州市小倉北区
吉井晋一さん

 将来は土地家屋調査士の仕事をしたいと思っています。その資格取得に有利なので、測量士補に挑戦しました。全日制に昨年入学し、週2~3回、夕方6時から9時まで授業を受けました。若い世代より、年配の方が結構、学院に通われていることは驚きでした。学費はバイトで稼いでいます。バイトが忙しくて、日曜日でも測量実習の受講ができず、測量器材の使い方を本でしか勉強できなかったときは苦労しました。本を見て想像するほかありませんから。
 でも、試験前には1週間くらいは、さすがにバイトも控えて勉強しました。今年は以前失敗した宅建に再チャレンジします。

吉井晋一さん(ヨシイシンイチ)〔専門学校ライセンスカレッジNo.100654〕
ライセンスメイト 平成11年12月号・・・No.774 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
授業を中心に勉強
馬田俊宏さん
測量補(測量士補) 男 (26) 福岡県福岡市早良区
馬田俊宏さん

 祖父が公務員で測量関係の仕事をしていましたので、馴染みがありました。現在、通信大学の4年生で就職活動中なのですが、もっぱらバイトです。将来は不動産関係の仕事を目指していますし、宅建や土地家屋調査士、CADの資格にも挑戦したいと思っています。
 勉強は11月から試験までの約半年、週1回の授業を理解することに務めました。理数系は得意ではなかったので苦労もしましたが、トランシットなどの測量器材に触れる度にやる気が湧いてきました。やはり、本だけで勉強するより、生身の先生の講義を聞いたほうが、理解は早いと思います。

馬田俊宏さん(マダトシヒロ)〔九州不動産専門学院No.140472〕
ライセンスメイト 平成11年12月号・・・No.773 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
これからが本番
柴田康博さん
測量補(測量士補) 男 (29) 福岡県三井郡北野町(現福岡県「久留米市」)
柴田康博さん

 結婚して子どももできたのに、前の会社が倒産してしまい、資格を取得していたほうが強いと思い、測量士補に挑戦しました。家族を抱えて失敗はできないですから、試験の20日くらい前から事務所に寝泊りして勉強に打ち込みました。
 通信コースで勉強したのですが、週1回は学院に出かけていました。実務で現場は知っていましたが、教科書通りに仕事するわけでもないので、勉強には1年掛かりで取り組みました。合格して所長からは「やっとスタートラインだね」と言われました。将来は土地家屋調査士として自立したいです。

柴田康博さん(シバタヤスヒロ)〔九州不動産専門学院No.163203〕
ライセンスメイト 平成11年11月号・・・No.772 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
1年目は測量士補とCAD
福田安宏さん
測量補(測量士補) 男 (40) 福岡県福岡市中央区
福田安宏さん

 将来を考えて、昨年夏に好きで入ったアパレル会社を辞め、2年計画で土地家屋調査士を目指しています。1年目は測量士補とCADの2本建てで、CADは九州建設専門学院に通っています。2年目は土地家屋調査士の勉強をボチボチ進めています。数学の図形などは好きでした。
 学院には実習があって、トランシットなどに触ったのですが、測量がグンと身近に感じられるようになりました。それに、最終授業から試験までに少し時間があったので、みんなで講師の先生に勉強時間を要望したら、快く応じてもらえたんですよ。

福田安宏さん(フクダヤスヒロ)〔九州不動産専門学院No.150775〕
ライセンスメイト 平成11年11月号・・・No.771 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
難問は授業で初めて理解
江島啓隆さん
測量補(測量士補) 男 (30) 福岡県福岡市早良区
江島啓隆さん

 挫折しないことを前提に、ひとつの足掛かりとして挑戦したのが測量士補です。測量関係はまったく知らない世界で、いちからのスタートでした。でも、数学は嫌いではなかったし、自分向きの資格かなと思いました。今年8月には土地家屋調査士試験にも挑戦しました。
 測量の勉強には、三角測量や多角測量など難しい技法もあり、その部分は授業で初めて理解できました。それに学院には実習の授業があり、測量器材のトランシットやレベルを扱えます。この実体験も大いに勉強に役立ちました。

江島啓隆さん(エジマヒロタカ)〔九州不動産専門学院No.161726〕
ライセンスメイト 平成11年11月号・・・No.770 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
絶えず目標を持とう
尾田幸典さん
測量補(測量士補) 男 (66) 福岡県北九州市若松区
尾田幸典さん

 測量士補に挑戦したのは、会社を退職し、何か目標を持とうと思ったからです。来年は土地家屋調査士に挑戦しようと考えています。アルバイトに、ゴルフに、畑仕事にと退屈はしないのですが、気楽に、何かをやってみたいと思いました。
 測量士補の勉強は通信コースでしたが、日曜日には数回実習にいき、トランシットやレベルを扱いました。測量器材に触った経験のない人たちにとって、あの実習制度はとても役に立ちましたね。それから、平板測量など教科ごとに模擬試験に行って、先生たちと直に接しいい刺激になりました。

尾田幸典さん(オダユキノリ)〔九州不動産専門学院No.129276〕
ライセンスメイト 平成11年11月号・・・No.769 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
同級生で勉強会
世利哲郎さん
測量補(測量士補) 男 (22) 福岡県糟屋郡志免町
世利哲郎さん

 現在、専門学校でコンピュータを学んでいます。将来の目標は司法書士を取り、事務所を開くことですが、まずは土地家屋調査士をと考え、そのステップとして測量士補を受験しました。勉強は学院の講義とテキストが中心でしたが、講座で知り合った若い人たちと、昼間集まって勉強会を開いていたので、わからないところを教えあったりして対策もとりました。
 現在、専門学校の学生ですが、卒業後はしばらくはプログラマーとして実地を勉強し、いずれ土地家屋調査士の資格が取れたら、コンピューターネットワークを活用した仕事をしたいと思っています。

世利哲郎さん(セリテツロウ)〔九州不動産専門学院No.141656〕
ライセンスメイト 平成10年12月号・・・No.728 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
資格を得て開業
柳 浩司さん
測量補(測量士補) 男 (52) 福岡県浮羽郡吉井町(現福岡県「うきは市」)
柳 浩司さん

 昨年、宅建資格が取れ、今年11月に大野城市で事務所を開設しました。測量士補は土地家屋調査士の資格取得のために受験しました。以前は航空関係の技術者でしたが、リストラで会社を退職。全く違う分野への挑戦でしたから、勉強も大変でしたが、目標を決め集中して勉強しました。週1回の学院までの1時間半の通学は、バスの中で講義テープを聞いたりしていました。図面書きに慣れていなかったので試験は不安でしたが、合格してほっとしました。いろんな人に支えられています。喜ばれる仕事を、と頑張ります。

柳 浩司さん(ヤナギヒロシ)〔九州不動産専門学院No.142379〕
ライセンスメイト 平成10年12月号・・・No.727 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
不動産業を目指す
三宅裕司さん
測量補(測量士補) 男 (24) 福岡県福岡市東区
三宅裕司さん

 父が不動産業を営んでいます。大学は経済学部の出身なんですが、卒業後の進路を決める時に、いずれは自分も独立して不動産の会社をと思い、まず4年の時に宅建資格を取りました。そのあと、開業まで取っておきたい資格として土地家屋調査士を考え、そのステップとして学院の通信講座の測量士補の講座を受講して勉強しました。当時は学生だったので時間はあり、集中して取り組みましたが、専門用語や慣れない図面で苦労しました。
 現在、目標に向かって一歩ずつ、現場で実際に従事しながら勉強中です。

三宅裕司さん(ミヤケユウジ)〔九州不動産専門学院No.135184〕
ライセンスメイト 平成10年12月号・・・No.726 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
定年後の対策に
堀切正孝さん
測量補(測量士補) 男 (57) 福岡県福岡市早良区
堀切正孝さん

 定年後の人生を考え、受験しました。最終目標は土地家屋調査士です。定年を迎えていたので勉強する時間は十分ありました。学院のテキストのほか、本屋さんでやさしく解説した問題集を買ってきて、やりました。試験は丸暗記をしておけばいいような問題が多かったので暗記が苦手な私には不利だったことと、問題を早く解いた若い人が時間前に試験場を出ていくのでちょっと焦りましたが、何とか合格できました。
 学院の講座では、テキストの講義だけでなく、実際に機械を触ったり実習的なことがやれたのがよかったようです。

堀切正孝さん(ホリキリマサタカ)〔九州不動産専門学院No.136293〕
ライセンスメイト 平成10年12月号・・・No.725 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
自己啓発のために
加藤修義さん
測量補(測量士補) 男 (30) 福岡県福岡市城南区
加藤修義さん

 受験の動機は、仕事上の必要に迫られて、といったものではありませんでした。普段、仕事でコンピュータマッピングをやっているものですから、測量士というものに興味を持ち、自己啓発にもなるので軽い気持ちで受けました。勉強は学院の講座のほかは、問題集を買って最近の傾向をつかみ、反復して取り組んだのがよかったようです。
 試験問題はやはり、聞き慣れない言葉、専門用語が多く、その辺が難しかったですね。仕事の合間の受験勉強ですが、普段の生活ペースを崩さず、こつこつとやることだと思います。

加藤修義さん(カトウノブヨシ)〔九州不動産専門学院No.110600〕
ライセンスメイト 平成8年12月号・・・No.632 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
次は調査士に挑戦
中村星朗さん
測量補(測量士補) 男 (55) 福岡県北九州市若松区
中村星朗さん

 10年ほど前に宅地建物取引主任者を、6年前にインテリアプランナーの資格を取りました。現在は、インテリアデザインの仕事をしています。測量士補は、土地家屋調査士の資格取得が目的で、勉強のために受験しました。対策は学院のテキストと市販の問題集を中心にやりましたが、むしろこれからが大変だと思っています。というのも、今年は調査士の試験も受験したのですが、法的な問題にてこずり失敗しました。来年は絶対合格するつもりです。
 資格取得は仕事にも役立つものでしょうが、私の場合は、自己啓発の意味もあります。

中村星朗さん(オカムラホシロウ)〔九州不動産専門学院No.2053920〕
ライセンスメイト 平成8年12月号・・・No.631 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
問題集を反復して
山本慎二郎さん
測量補(測量士補) 男 (26) 福岡県嘉穂郡稲築町(現福岡県「嘉麻市」)
山本慎二郎さん

 以前は普通の会社員をしていましたが、退職したのがきっかけで、測量士補の受験を思い立ちました。というのも、資格取得のことを何かの本で見て、資格を持っていれば就職に有利になると思ったからです。なぜ測量士補なのかは、やはり土地家屋調査士受験へのステツプだったからです。自分で目標を立て、測量会社に就職して、仕事の合間に学院の測量士補講座を受けました。受験のための勉強は、テキストと問題集でやりました。特に問題集は、同じ問題を何度も繰り返して解き、徹底して頭にたたき込んだのがよかったようです。

山本慎二郎さん(ヤマモトシンジロウ)〔九州不動産専門学院No.100369〕
ライセンスメイト 平成8年12月号・・・No.630 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
独立目指して
岡村芳樹さん
測量補(測量士補) 男 (25) 福岡県福岡市東区
岡村芳樹さん

 最終的には土地家屋調査士の資格を取るのが目標で、まずは二次試験が免除になるという制度を生かして測量士補を受験しました。現在、福岡市内の土地家屋調査士事務所で見習いをしています。受験勉強は特別に問題集をやったわけではありません。学院での講義とテキストを中心に勉強し、特に講義に集中したのがよかったと思います。それに、日常の現場の仕事で慣れていたので、理解するのが容易だったのではないでしょうか。
 将来は独立して事務所を持つのが夢で、2年計画で土地家屋調査士に挑戦します。

岡村芳樹さん(オカムラヨシキ)〔九州不動産専門学院No.108610〕
ライセンスメイト 平成8年12月号・・・No.629 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
人生設計は出来た
永瀬勝博さん
測量補(測量士補) 男 (22) 山口県徳山市(現山口県「周南市」)
永瀬勝博さん

 すでに宅建主任と行政書士の資格を取っています。父が不動産業を営んでいるので、いずれ自分も必要になると考えて取ったのです。ところが、父が土地家屋調査士の方が将来性があるというので、今度は土地家屋調査士を目ざすことにしました。そのステップとして測量士補を取ったわけです。
 土地家屋調査士には、大学を卒業してから挑戦する予定ですが、将来は土地家屋調査士の世界で生きようと思っています。試験は難しかったですが、学院の測量士補講座を受講して合格しました。この勉強は基本をしっかりやっておくことが大切だと感じました。

永瀬勝博さん(ナガセカツヒロ)〔九州不動産専門学院No.87105〕
ライセンスメイト 平成7年12月号・・・No.581 
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込